リフォームを横須賀市,三浦市周辺でするなら、ウィルにお任せください!

トップ > スタッフブログ > バスのリクライニング問題はもう解決!?

バスのリクライニング問題はもう解決!?

2019/01/03

毎日ブログ490日目

こんにちは!!

あなたの言葉にできない真のニーズを引き出し

プロの技術で具現化!

毎日幸せを感じる住まいを提供する

「幸せリフォームプロデューサー」

 ウイルの米山直輝です

 

 

 

今日は3日。

Uターンラッシュで

高速道路が渋滞するようですね。

 

 

運転手は大変かもしれませんが

同乗者はゆっくりできる環境さえあれば

渋滞もへっちゃらかな?

 

 

ニュースを見ていたら

ちょっと面白い記事がありました。

 

 

あらかじめ倒す…高速バスのリクライニング問題に逆転発想

3d9e7_1446_4e3a542e_07024cdd

  • 高速バスに乗った際、後ろの人に気を遣って
  • 座席の背もたれを倒せない問題
  • 「オリオンバス」では、対策として
  • あらかじめ全席の背もたれが倒されている
  • 2011年ごろから実施しており、
  • 多くの乗客から好評を得ているとのこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

座席の背もたれ倒せない問題!!

確かにありますね~

 

背もたれ倒すと悪いかな・・と思いますよね?

でも、ゆっくりする為には自分の楽な状態にしたいです。

気を使うと、背もたれを倒しても

何となく落ち着かなかったりで、

結局、背もたれはそのまま・・・・・

 

なんて事もあるので

背もたれが最初から倒れている

というのは

凄いアイデアですね

 

やはりアンケートで

「後ろの人に気を遣って座席を倒せなかった」

という声が多かったのを

きっかけに、改善案を考えたそうです。

 

 

会議で議論する中で

「足元を広くするために座席数を減らす」

「新型車両を導入する」といった意見も出ましたが、

「はじめから倒しておけば遠慮せずに済むのでは」

というアイデアが出たそうです。

 

これ考えた人天才ですね

かかるコストは席を倒す時間だけ

 

 

座席数を減らしたり、新型車両を導入したりは

コストがかかりますからね

そうなると、当然運賃も上がるので

乗客にとってもベストな対策とは

言えないですよね?

 

 

こういうアイデアいいですよね?

 

 

 

僕達のリフォームも

こうありたいと常に思っています。

 

「足元を広くするために座席数を減らす」

(間取り変更リフォーム)や

「新型車両を導入する」

(建て替え)

を行う前に、

 

今の状態をうまく活かして

予算を抑えた

快適なリフォームを提案できないか?

常に考えています。

 

例えば、

収納を増やしたい!

というリクエストのときも

収納を増やすと当然部屋が狭くなるので

収納の内部を作り変えて、

収納力をUPしたり、

考え方を変え、

物を減らしてもらったり。

その場合、リフォームすら不要です。

バスの背もたれ倒しておくに

似てますね😄

 

ただし、このような

アイデアが必要な時に

欠かせないものが一つだけあります。

 

それは、

 

 

 

お客様の声です。

 

 

収納を増やしたい!

とリフォーム会社に電話する前に

〇〇をしまいたい、とか

〇〇がしまえなくて困っている

など具体的な理由が

ありますよね?

もちろん今の現状で、できる対応策も

考えたと思います。

 

その結果

色々考えたけれど

リフォーム会社に収納を作ってもらおうと

行き着いたと思います。

 

このお客様の

考えたプロセス

これを知りたいんです。

 

お客様の困っている事、

理想の状態、

それを現実化するときに

譲れないもの、妥協してもいい点

などできるだけ

お客様のリフォーム依頼に対して

深く聞かせて頂きたいのです。

 

そうすれば

きっと大掛かりなリフォームを

しなくても、

悩みの解消や

理想の状態にすることができます。

 

バスのリクライニングを倒すだけ

解消できる問題は

もちろんありますので

 

まずは

「収納を増やしたい」と

依頼した時に

「なぜ増やしたいと思ったのですか?」

とか

「現状で、どんなお困りがあるのですか?」

など、色々聞いてくれる

リフォーム屋さんを探して下さい。

 

「収納を増やしたい」

と伝えても

収納の大きさとか扉のグレードしか

話をしてくれない業者では

カッコいいリフォームはできても

予算も含めた理想のリフォームは

できないと思います。

 

こういう観点から

  1. 業者を選ぶのもおススメですよ^_^

 

Pocket

お問い合わせはこちら