リフォームを横須賀市,三浦市周辺でするなら、ウィルにお任せください!

トップ > スタッフブログ > 反論に反論を重ねると・・・・・

反論に反論を重ねると・・・・・

2019/01/04

カテゴリースタッフブログ

毎日ブログ491日目

こんにちは!!

あなたの言葉にできない真のニーズを引き出し

プロの技術で具現化!

毎日幸せを感じる住まいを提供する

「幸せリフォームプロデューサー」

 ウイルの米山直輝です

 

 

 

今日は

なんとなくスマホで

ニュースを見ていると

前から問題になっていた

あのニュースがまたやっていました。↓

 

 

 

 

レーダー照射問題で韓国が動画を公開 日本は新たな証拠公表へ

e6856_1641_9d40eed7_ae8cfcdc

 

韓国軍のレーダー照射問題。

 

韓国側が自衛隊機に

射撃管制用レーダーを照射。

 

日本側が

「極めて危険な行為だ」と抗議した所

韓国海軍は

「火器管制用レーダーを作動させたことは事実だが、

日本の哨戒機を狙う意図は全くなかった」

と話している。

 

その後

金杉憲治外務省アジア大洋州局長がソウル

大韓民国外交部を訪れ、

強い遺憾の意を表するとともに、

再発防止を強く求めたが韓国政府

今までの説明から一転して、

「レーダー照射を行った事実はない」として、

日本が事実と異なる発表を行ったと主張した

 

 

これに日本が反論し、

自衛隊機からの映像を公開。

そしたら

韓国側が反論の動画を公開

 

でも韓国側の動画の中身は

全部で4分半ほどの動画のほとんどは

日本側の映像で、

韓国側の映像は10秒ほどとの事。

 

_________________

自衛隊機にレーダーが照射された

事実はありそうですが、

その理由を聞きだすのは

不可能な予感がします・・・・・・・

 

それに双方の意見が一致することは

永遠になさそうだし

 

ここまでくると

もう事実が曖昧のまま

やがて消えていく話題な気がしますよね・・・・

 

 

 

こういうニュースを聞くと

いつも頭に浮かぶのが

「自分も気を付けよう」です。

 

リフォーム業界は

クレーム産業と呼ばれています。

 

完成してみないと良し悪しは

分からないし、

新築と違い全部をリフォーム

するわけではないので

工事後、未施工箇所の傷を指摘されても

前からあったのか、工事で傷つけてしまったのか

分からなかったりと、

 

とにかく事後に問題が

起こりやすいので

クレームにつながりやすいと

言われています。

 

なかでも

言った、言わないの問題は

解決することは

 

ありません・・・・・

 

 

今回のレーダー照射問題も

最初は韓国側も非を認めていたのに

だんだんと言っている事が

変わってきて、

お互いが譲る気配は

一切ありませんよね?

 

 

これって

両国で違う問題が起きた時も

同じような結果になると思います。

 

 

 

つまり

このニュースをみて

やっぱり気を付けようと思うポイントは

「問題が発生しそうな方とは契約しない」

です。

これはウイルの一方的なワガママでは

ありません

 

良い悪いという問題ではなく

自社のやり方に合っている方か?

合っていない方か?など

相性と言ってもいい事です。

 

言葉で説明するのは少し

難しいですが

相性がよいお客様だと

言った言わないの問題になりません・・・・

 

 

というのはウソです。

 

 

 

言っていたつもり

聞いていたつもり

 

というミスは発生します

 

 

 

 

当社の事を理解してくれている

お客様とのやり取りであれば

 

期待に全力で答えるのが

ウイルの仕事。

 

言った、言わないの

問題に発展しそうになったら

とにかくお客さまの為になると思う

対応をしていきます。

 

 

その為には

このお客様のお役に立ちたい

と思えるか?

お客様はウイルの方針などを理解してくれているか?

 

契約前に

お互いの合意が必要なんです。

 

 

リフォームのクレームの理由は

業者とお客様の意見の不一致から

起こると考えます。

 

決して施工のクオリティーなどでは

無いと思います。

 

例えば

「すぐ工事します」

と聞いたらいつ頃と想像しますか?

 

今週中と思っていたのに

業者側が今月中と思っていたら

クレームになるのは当たり前。

 

こういう問題は

必ず事前に具体的な説明をする事が

大切です。

 

このような事の積み重ねが

お客様の満足につながり、

反対にできていなと

不満を募らせる原因となります。

 

とにかく

言った言わない、とか

反論に反論を重ねても

何も良いことはないので

 

最終的にお互いが

ハッピーになる為に

最初からしっかり打ち合わせしましょう!

 

 

お互いに納得がいくまで

契約しちゃダメですよ!!

 

Pocket

お問い合わせはこちら